お客さまからのご相談例

■独身時代からのほけんを子供の誕生をきっかけに見直ししたい 30代男性


当社にてほけん加入の方からの紹介で相談に来られた広島市内在住のKさんご夫婦。
お子さまがうまれたことをきっかけにだ旦那さまの独身時代からのほけんを見直ししたいとご来店。

旦那さまが20歳に加入したほけんは死亡保障500万円と入院日額5000円(5日目から)がついた10年満期の養老ほけんでした。ほけんのキホン(定期・養老・終身)の違いをお話し、現在のほけんの内容が死亡保障も不足し、あと数年で満期が来ることも理解していただきました。その後、ライフプラン(ご職業、ご家族構成、お子さまの進学について、住宅購入の有無等)をお聞きし、現在の国からの保障(遺族年金等)もあわせ、現在、そして将来に渡って家族が必要とする保障額を一緒にシミュレーションしました。

その後シミュレーションに合わせ、必要と思われるほけんを複数社のほけんから見積もり、Kさんの希望内容や掛け金も含め検討し、ぴったりなほけんができあがりました。

選んでいただいたのはD生命の死亡保障と損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療ほけん。今後はほけんの更新や値上がりはないタイプを選んでいただいたため、「次回のほけんの見直しはいつごろがいいですか?」との奥さまの問いには「お子さまが増えたり、転職したりと環境が変わる毎にご相談くださいね」とお伝えしました。

「三川さんがほとんどほけん用語を使わずに説明してくれたのでほけんのしくみが簡単に理解できました」とお声がけいただきました。ほけんって複雑そうに見えますが、実はキホンさえ掴めばとても簡単です。でもどれぐらいほけんが必要か計算するのは結構むずかしいです。
ここの“必要保障額の計算”をしっかりとお手伝いさせていただくのが私たちの仕事です。


■子供の教育資金をほけんでしっかりためたい 2人の子供がいるYさんご夫婦


当社提携先、税理士事務所からご紹介でご相談にこられたYさんご夫妻。
今まで、気になってインターネットで資料を取り寄せしたりしたが、イマイチ理解できず、直接話しを聞いてみたいとのことでご来社されました。
来社時にネットで取り寄せた資料を持参いただきつつ、学資ほけんへの“目的”をうかがうと、「子どもが小さいうちは病院代がタダだから貯蓄性重視で」と明確な目的をお持ちでした。広島市は乳児医療費制度があるため、入院への保障は必要ないと考えている方も多いようです。

さて学資ほけんへの加入はポイントがいくつかあります。


  • 契約者の死亡時に育英年金がいるかいらないか?=契約者がほけんにしっかり加入していれば必要ないですね!?
  • 子どもの死亡保障や医療保障がいるかいらないか?=地域の乳児医療制度を確認しましょう。
  • 子どもの教育資金はいつ、いくら必要なのか?=小・中・高・大学入学それぞれ必要か?

Yさん夫妻は「貯蓄が目的」と明確でした。もちろん貯蓄率が高ければ高いほどベストという考えでした。

当社から、一般的な学資ほけんと低解約終身ほけんの2パターンでご提案したところ、(低解約終身ほけんとは、掛け金支払い途中で解約すると支払い掛け金を下回りますが、支払いが終了後に解約すると払い込んだ総額より上回る解約返戻金が受取れます。)Yさん夫妻は支払い途中での受け取りも必要ないとのことで貯蓄率のよい低解約終身ほけんを選ばれました。
実はYさん夫妻がネットで取り寄せしていた資料の中にもあった商品ですが、パンフレットだけではイマイチわからなかったとのこと。「しっかり説明してもらい、低解約の意味がやっとわかりました!」とお声掛けいただきました。やはり、ほけんは直接説明することが大切だなと実感させていただきました。


■今度“掛け金が上がる”と言われ驚いて相談にきた 50代の男性


広島市在住のYさんは現在の加入のほけんが半年後にこのまま継続すると大幅に掛け金があがると説明を受け、“どうして掛け金が上がるのか?”“新しく提案してもらった内容がイマイチわからない”というご相談でした。当社の無料相談診断のお知らせを見て来社されました。

生命ほけんのキホンをお伝えし、現在のYさんの契約は10年定期ほけん(10年間のみの死亡保障)と500万円の終身ほけんの組み合わせのため、今回の更新は10年定期部分の掛け金が上がることをお伝えし、現状を理解していただきました。Yさんの今後の目的をうかがうと、「子ども二人は成人し、死亡保障は少しで。今後は医療保障の充実を図りたい」とのこと。

死亡保障終身ほけんはそのままに、今回の定期ほけんの更新は見送り、当社より医療保障のみ見積もりをご提示したところ、“先進医療特約”があるオリックス生命ほけんの医療ほけんを選ばれました。「医療ほけんだけ単品で加入できるとは知らなかった。これで掛け金も上がらずに助かりました。」とお声がけいただき、その後、成人したお二人のお子さまのほけんもご相談に来られました。


■住宅購入を視野に生命ほけんを全体的に見直ししたい 20代のAさん奥さま


当社提携先不動産会社よりご紹介をうけ、住宅購入を機に生命ほけん全般を見直したいとのこと。

だんな様は10年更新タイプの定期付終身ほけんに。奥さまは祝い金付の定期ほけんに加入しており、今後は住宅ローンの返済も始まるため、少し掛け金を抑えたいとの希望でした。

ほけんのキホンをお伝えし、現在の加入内容を把握していただく。また、住宅ローンを組むと団体信用生命ほけんに加入しなければいけないことをお伝えすると住宅ローンのセレクトについても相談にのって欲しいとのこと。住宅ローンのキホンと最近の金利動向、団信のしくみについて説明しました。※団体信用生命ほけんに加入した場合、ローンを組んだ旦那さまが死亡高度障害時にはローンの残高が保障で返済され、ローン返済は以降必要なくなります。